【チャンギラウンジ】到着後プライオリティパスでシャワーもビールもラクサも全部無料【シンガポール|チャンギ空港】

どうもシュナです。

今回は、シンガポールへお仕事に行った際に利用した、シンガポール・チャンギ国際空港にある「チャンギラウンジ」をレビューしていきます。

チャンギラウンジは、イミグレーションを通過した後の到着後でも利用できるラウンジで、プライオリティパスを持っていれば、シャワー付きで3時間無料で利用することができます。

ここでは、チャンギラウンジの場所や様子・無料で利用できる方法についてお伝えします。

では行ってみましょう!

この記事の執筆者は・・・

サイト運営をしている"シュナ|蓮本”と言います。

◾️2022年〜マリオットプラチナ会員
◾️2023年〜ANA SFC会員
◾️43歳/5,8歳の娘の子育てパパ
◾️全世界リッツカールトン制覇が目標

家族全員が大の旅行好きで、なんとかマイルやホテルポイントでお得に行けないかと考えるようになり、詳しく勉強し実践してきました。

そこで、僕が得たクレジットカードやマイルの知識と経験を全公開していきます。

2023年11月、ANAのSFC修行解脱しました。

その模様や旅行体験記も含め発信していきます!
YouTubeチャンネルはコチラ→【シュナ】実体験レビューch

目次

チャンギラウンジについて

チャンギラウンジとは、シンガポール・チャンギ国際空港にあるラウンジで、制限エリア外、ターミナル外にあるラウンジとなります。

ターミナルの外ということで、シンガポール到着時には入国審査後に、シンガポール出発の際には入国審査前に利用できるラウンジとなります。

これはめちゃくちゃ便利です。特に到着後に使えるラウンジは、国際線中長距離線では非常に重宝します。

今回は、日本からシンガポールに到着した後に利用してきました。

以下にチャンギラウンジの基本情報をまとめました。

  • 営業時間 → 6:00~22:00(ラストオーダー 21:00)
  • 利用時間 → 最大3時間
  • 場所 → ジュエル(Jewel)
  • 3歳未満は無料

ラウンジへ着くと料金表がありました。

チャンギラウンジ入口

3つのコースがあり、サービスと料金は以下のようになります。

【Lite】
・3時間利用
・フリースナック付き
・大人28ドル、子供20ドル

【Classic】
・3時間利用
・フリースナック付き
・軽食付き
・ワンドリンク付き
・大人39ドル、子供27ドル

【Premium】
・3時間利用
・フリースナック付き
・軽食付き
・ワンドリンク付き
・シャワー20分付き
・大人50ドル、子供39ドル

前述しましたが、チャンギラウンジはターミナルの外にありますので、料金を支払えば誰でも利用することができます。

ただ、まぁまぁするよね、という印象です。

チャンギラウンジを無料で利用する方法

なんと、こちらのチャンギラウンジ、プライオリティパスを持っていれば、無料で【Premium】のサービスを受けることができます。

但し、利用するには条件があり

  • プライオリティパスのカード
  • パスポート
  • 当日の搭乗券(到着後でもOK)

を受付時に提示する必要があります。

【プライオリティ・パスとは】
世界148カ国1,400カ所以上の空港ラウンジを利用できる会員制サービス。
空港ラウンジでは、無料のお飲み物や軽食、無料Wi-Fiなどがあり、旅行時間をより優雅に過ごすことが出来るカードとなっています。プライオリティ・パスは年会費が最大で469米ドルかかりますが、特定のクレジットカードを所持していれば、無料で発行することができます!

日本国内でプライオリティパスの恩恵を受けるなら、中部国際空港が激熱です!

チャンギラウンジでは、プライオリティパスを持っているだけで、50シンガポールドルのサービスが無料で受けれます。

しかも、プライオリティパスを持っている本人以外の同伴者1人にも同等のサービスを受けることができるのです。

金額にすれば、単純に100シンガポールドル分が無料になります。

僕の家族で考えると、僕と妻がプライオリティパスを持っていれば、娘二人はそれぞれの同伴者になりますので、4人全員が無料でチャンギラウンジを利用することができるのです。

プライオリティパスはあらゆるクレジットカードの付帯サービスとして無料で利用できますが、僕は、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード』の付帯サービスを利用して、プライオリティパスに入会しています。

楽天プレミアムカードなどもプライオリティパスを作ることができますが、1年間の利用回数が制限があります(2025年より)

しかし、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは利用制限がありません。

また、同カードは初年度年会費無料となり、かなりお得なサービスが実質無料で付帯されるので、お得なカードの1つと言えます。

特に『ビジネスカード』という立ち位置なので、AMEX発行のクレカのようにカードの使い方については厳しくありません。

もし物販などのビジネスをされてる方は、とんでもないスピードでマイルも貯めることができます。

チャンギラウンジの場所について

次に、チャンギラウンジの場所についてお伝えします。

チャンギラウンジはシンガポール・チャンギ国際空港の「ジュエル(Jewel)」という場所に位置します。

こちらは、ジュエル(Jewel)の外観です。

チャンギ空港ジュエル外観

下の絵は、シンガポール・チャンギ国際空港のフロアマップです。

チャンギ空港フロアマップ
https://www.changiairport.com/en/maps.html

チャンギラウンジは、ターミナル1と直結、ターミナル2・3とは連絡通路とつながっており、ターミナル4からは無料のシャトルバスが出ています。

ジュエル(Jewel)には、あの有名な人口の滝「レイン・ボルテックス」があります。

レイン・ボルテックス
レイン・ボルテックス

圧巻のこちらの滝を見た時、いい年してめちゃくちゃテンション上がりました。

シンガポール・チャンギ国際空港に来た際は、ぜひ見てみて下さいね。

夜はライトアップなども行われているみたいです。まだ夜は見たことがないので、次回は夜便を取ります。

こちらは、ジュエル(Jewel)の1階のフロアマップです。

チャンギ空港フロアマップ
https://www.changiairport.com/en/maps.html

赤丸で書かれた場所が、チャンギラウンジとなります。

ジュエル(Jewel)はターミナル1と直結しているので、チャンギラウンジを訪れる際はターミナル1から行くのが分かりやすいですね。

実際、僕はターミナル3より連絡通路を使ってジュエル(Jewel)へやってきたのですが、途中「ジュエル(Jewel)」と書いた案内が見当たらない場所もありましたが、まっすぐ進んで行ったら着きました。

チャンギラウンジの様子

では早速、チャンギラウンジの様子を見ていきましょう!

チャンギラウンジの入り口はこんな感じです。

落ち着いた雰囲気です。

チャンギラウンジ

こちらは受付カウンターです。

海外の方がやはり多いですね。

チャンギラウンジ

入り口には様々な調度品が飾っています。

チャンギラウンジ

受付カウンターには、ラウンジパスプログラムに参加しているところが記載されています。

しっかり、プライオリティパスのマークがあります。

チャンギラウンジ

利用できる支払い方法や

チャンギラウンジ

入り口にもあった値段表や

チャンギラウンジ

ラウンジでの禁止行為等の注意書きがありました。

チャンギラウンジ

ラウンジ全体の様子はこんな感じです。

僕が利用したときは、他の利用客も少なく空いていました。

チャンギラウンジ

テーブルや椅子もおしゃれですね。

チャンギラウンジ
チャンギラウンジ

シャワー室も奥の方にあります。

チャンギラウンジ

フード

こちらは無料のフードです。

パンやドーナツ、果物、チョコレートなどがありましたが、ビュッフェメニューなどはありませんでした。

チャンギラウンジ フード
チャンギラウンジ フード
チャンギラウンジ フード
チャンギラウンジ フード

今回、僕はプライオリティパスを使って、ラウンジを利用していますので「食事」と「飲み物1杯」は無料で提供していただきました。

こちらは、食事のメニューです。

チャンギラウンジ プライオリティパス フード

【軽食】
点心盛り合わせ
ナゲットなどの盛り合わせ
サモサ

【温かい食べ物】
ラクサ
トムヤムヌードル
ラザニア
チリクラブ

【キッズメニュー】
ナゲットとフライドポテト
手羽から揚げとフライドポテト

ビールのメニューもありました。

チャンギラウンジ プライオリティパス フード

シンガポールの麵料理「ラクサ」とタイガービールをいただきました。

辛いかな~と思ったのですが、甘めの味でとても美味しかったです。

チャンギラウンジ プライオリティパス フード
チャンギラウンジ プライオリティパス フード

こちらは無料のコーナーから頂いたスイーツたちです。

チャンギラウンジ プライオリティパス フード

ドリンク

ドリンクは、

  • オレンジジュース
  • リンゴジュース
  • コーヒー
  • コーラ
  • スプライト
  • 紅茶
  • ミルク

などがありました。

チャンギラウンジ ドリンク
チャンギラウンジ ドリンク
チャンギラウンジ ドリンク
チャンギラウンジ ドリンク

チャンギラウンジ シャワー室

続いてシャワー室の様子をご覧ください。

シャワー室の入り口にスタッフの方がいて、その方に受付でもらった紙のカードを渡します。

チャンギラウンジ プライオリティパス カード

提供されたサービスにはチェックを入れてもらいます。

こちらがシャワー室です。

入口から入って右手にバゲージラックと洗面台があり

チャンギラウンジ シャワー室

入口正面あたりにトイレがあります。

チャンギラウンジ シャワー室

入口から入って左側にシャワー室があります。

チャンギラウンジのシャワー室は、トイレとシャワー室が一体になっている個室となっています。

シャワー室自体にも扉が付いていて、シャワーでトイレがびちゃびちゃになるということはありません。

チャンギラウンジ シャワー室

しっかり鍵もかけれます。

チャンギラウンジ シャワー室

シャワー室には、レインシャワーとハンドシャワーの2種類があります。

シャンプー・リンス・ボディーウォッシュもありますので、安心です。

チャンギラウンジ シャワー室
チャンギラウンジ シャワー室
チャンギラウンジ シャワー室

その他にも、ドライヤーやアメニティー関係はありますので特に不自由なく利用ができます。

しかし、シャワー室の利用時間が「20分」ととても時間が少ないので、しっかりと髪も洗ってシャワーを浴びるというよりは、汗を流す程度の利用が良いかもしれません。

また、早朝到着便の方などもささっとシャワーが浴びれるので良いですね。

まとめ

今回はシンガポール国際空港にある「チャンギラウンジ」についてレビューしました。

チャンギラウンジは、プライオリティパスを提示すると無料で【Premium】という3時間で「食事」「ドリンク」「シャワー」利用できるサービスを受けることができます。

シャワーは20分と短い利用時間ですが、早朝便などで到着した場合は、汗だけでも流せることができるのでとても嬉しいサービスですね。

しかも、プライオリティパスを持っていることで、無料で食事と飲み物もいただけますので、物価の高いシンガポールで1食無料になるのは、かなり助かります。

また、カードを持っている本人と同伴者が利用できますので、家族4人の僕の場合は

僕と妻がプライオリティパスを持っていれば、2人の子供たちはそれぞれの同伴者となり、4人全員が無料でラウンジを利用することができます。

プライオリティパスは各クレジットカードで付帯サービスとして発行することができますが、クレジットカードの初年度会費が無料の「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」の付帯サービスでプライオリティパスを発行しました。

楽天プレミアムカードも発行できますが、2025年より利用回数に制限が付きますので、利用制限無料の「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」からの発行をオススメします!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ではまた次の記事でお会いしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次