マリオットボンヴォイアメックス入会キャンペーンまとめ!特典やメリット・デメリットもご紹介【2月最大55,000ポイント】【2024】

どうもシュナです。

今回はマリオット系列のホテルの利用や航空会社のマイルを貯める際に重宝するカード「マリオットボンヴォイアメックス」の入会キャンペーンについて、実際にマリオットボンヴォイアメックスカードを利用して、マリオットホテルを家族と利用した僕がご紹介します。

マリオットボンヴォイアメックスカードの入会キャンペーンや特典、メリット・デメリットなど、またマリオットボンヴォイアメックスカードについて気になる点も、Q&A方式でお答えします。

\YouTubeチャンネル開設しました/

ダイヤモンド修行や、ホテル宿泊&飛行機搭乗など、レビュー動画を配信してます🙌

目次

マリオットボンヴォイアメックスカード入会キャンペーンまとめ

マリオットボンヴォイアメックスカードは、マリオット系列ホテルでの無料宿泊特典など様々なサービスのあるクレジットカードです。

カードは以下の2種類となります。

【マリオットボンヴォイ・アメックスエキスプレス・プレミアムカード】

【マリオットボンヴォイ・アメックスエキスプレスカード】

それぞれ比較してみて行きましょう。

マリオットボンヴォイアメックス
エキスプレスプレミアム
マリオットボンヴォイアメックス
エキスプレス
年会費49,500円(税込)23,100円(税込)
家族カード年会費1枚目無料
2枚目より、24,750円(税込)
1枚目無料
2枚目より、11,550円(税込)
ポイント還元率3%2%
ホテル利用でのポイント還元率6%4%
ポイント有効期限カード利用する限り、無期限カード利用する限り、無期限
ホテルステータスゴールドエリートシルバーエリート
カード利用での
ステータスランクアップ
年400万利用で
プラチナエリート
年100万利用で
ゴールドエリート
無料宿泊券年150万利用で50,000ptまで
無料宿泊
年150万利用で35,000ptまで
無料宿泊
宿泊実績付与15泊分5泊分
マイル還元率最大1.25%0.83%
プロパティクレジット
国内外のリッツカールトン、セントレジス
に2連泊以上宿泊した場合
100米ドル付与100米ドル付与
プライオリティパス無し無し

年に数回「入会キャンペーン」を行うのですが、そのキャンペーンで獲得できるポイントが、条件達成によってかなりのポイント数を獲得することが出来るので、マリオット系列のホテルを利用する方などは是非とも持っておきたいクレジットガードの1つです。

ここでは、マリオットボンヴォイアメックスカードの入会キャンペーンの方法と、より多くのポイントを獲得できる方法をご紹介します。

最大獲得ポイント数は、55,000ポイント【2024年2月】

2023年12月現在、マリオットボンヴォイアメックスカードに入会し獲得できるポイントは、最大で55,000ポイント。マリオットボンヴォイ・アメックスエキスプレス・プレミアムカード作成の場合

マリオットボンヴォイ・アメックスカードの入会方法は、大きく分けて

  • 公式サイトより申し込む
  • 紹介リンクより申し込む(アメックスのみ)
  • 紹介リンクより申し込む(アメックス&マリオットボンヴォイ併用)

の3つがあり、申し込む方法によって獲得ポイント数が異なります。

申し込みによるポイントの獲得数を見てみましょう。

公式サイト経由で申し込む【最大獲得ポイント数=39,000ポイント】

公式サイトにアクセスして直接申し込みをした場合は、最大で39,000ポイント獲得できます。

カード別にみていくと、獲得ポイントは以下のようになります。

マリオットボンヴォイアメックス
エキスプレスプレミアム
マリオットボンヴォイアメックス
エキスプレス
入会から3ヶ月30万円の利用で
30,000ポイント
30万円の利用で
10,000ポイント
カード利用のポイント9,000ポイント6,000ポイント
合計39,000ポイント16,000ポイント

マリオットボンヴォイ・アメックスエキスプレス・プレミアムカードに入会したほうが、キャンペーンポイントが多く獲得できることが分かります。

アメックスのご紹介プログラムを利用する【最大獲得ポイント数=45,000ポイント】

ご紹介プログラム特典

アメックス(アメリカン・エキスプレス)では、ご紹介プログラムも行われています。

アメックスのご紹介プログラムとは、紹介者が発行した紹介リンク経由で入会を行うと、紹介する側もされる側もポイントが付与されるプログラムです。

ご紹介プログラムで申し込んだ場合は、最大で45,000ポイント獲得できます。

マリオットボンヴォイアメックス
エキスプレスプレミアム
マリオットボンヴォイアメックス
エキスプレス
入会から3ヶ月30万円の利用で
30,000ポイント
30万円の利用で
10,000ポイント
カード利用のポイント9,000ポイント6,000ポイント
紹介ボーナスポイント6,000ポイント3,000ポイント
合計45,000ポイント19,000ポイント

となります。

公式サイトからの入会とは6,000ポイントも違いますので、身近な家族やお友だちなどがすでにマリオットボンヴォイアメックスカードを利用していたらぜひ、ご紹介プログラムを利用してみて下さいね。

🚨🚨注意🚨🚨
2023年11月14日のアメックスご紹介プログラムに関する規約変更により、ブログやSNSなど不特定多数が閲覧できる状況で、個人の紹介ブログラムを“宣伝”することは禁止となりましたが、ご紹介プログラム自体は今まで通り、最も獲得マイル数が多く、お得な状態で運用されております。

カードや“シュナのご紹介リンク”に関してのお問い合わせは、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

アメックスとマリオットボンヴォイの紹介リンクを利用する【最大獲得ポイント数=55,000ポイント

マリオットボンヴォイ・アメックスカードを申し込む際は、事前にマリオットボンヴォイにて会員登録を行う必要があります。

その際、マリオットボンヴォイの公式HPより会員登録をすることもできますが、さらにお得に入会する方法があります。

それは、会員から発行された紹介リンク経由で会員登録を行うことです。

アメックスの「ご紹介プログラム」の様な制度が、マリオットボンヴォイにも「お友達リワード」という方法で紹介システムがあるようですね!

マリオットボンヴォイお友だち招待について
マリオットボンヴォイ公式HPより

マリオットボンヴォイ公式HPによると、

紹介者から紹介リンク経由で会員登録を行うと、最大5滞在までで1滞在につき2,000ポイントのボーナスポイント(最大10,000ポイント)を獲得することが出来るということが分かりました。

この1滞在というのは、同じホテルに2泊した場合でも、1滞在というカウントになりますのでご注意ください。

また、最大5滞在を行う期間が公式HPにて記載が見つかりませんでしたので、マリオットボンヴォイのサポートセンターへ電話で聞いてみると、入会してから1年間(365日)以内に、5滞在行うと最大10,000ポイントの付与になるということでした。

以上をまとめてみると、マリオットボンヴォイ・アメックスともに紹介リンク経由で入会した場合以下のようにポイントを獲得することが出来ます。

マリオットボンヴォイアメックス
エキスプレスプレミアム
マリオットボンヴォイアメックス
エキスプレス
入会から3ヶ月30万円の利用で
30,000ポイント
30万円の利用で
10,000ポイント
カード利用のポイント9,000ポイント6,000ポイント
アメックス紹介ボーナスポイント6,000ポイント3,000ポイント
マリオットボンヴォイ
紹介ポイント
最大10,000ポイント
(1滞在ごとに2,000pt/5滞在まで)
最大10,000ポイント
(1滞在ごとに2,000pt/5滞在まで)
合計最大55,000ポイント最大29,000ポイント

最大55,000ポイントを獲得する為に必要ことをまとめると、

  • マリオットボンヴォイの会員登録は、紹介リンク経由行うこと
  • カード発行時は、アメックスご紹介プログラムより紹介リンク経由でマリオットボンヴォイアメックスカードに入会すること
  • 入会から3か月以内に30万円の利用を行うこと
  • 1年(365日)以内に、マリオットボンヴォイ系列のホテルに5滞在すること

となります。

公式サイトからの入会と比較すると16,000ポイントも違います

マリオットボンヴォイアメックスカードに入会する際は、マリオットボンヴォイ会員の登録が必須ですので、ぜひ「お友達リワード」にて紹介リンクを取得して登録することをおすすめします。

もし、身近な方やお友達でマリオットボンヴォイ会員の方がいらっしゃらない方は、僕からの紹介でお得にマリオットポイントをGETできますので、こちらのお問い合わせフォームより、メールアドレスをご連絡ください。

ご記入いただいたメールアドレス宛に「お友達リワード」の詳細のメールをお送りいたします。

ポイントサイト経由で申し込む

2024年1月現在、ポイントサイトからのマリオットボンヴォイ案件は無いようです。

ポイントサイト付与ポイント獲得マイル(みずほルート)
モッピー
ハピタス
Gポイント
ちょびリッチ
ECナビ
ポイントインカム
ニフティポイントクラブ
ポイントタウン
ファンくる

紹介リンクの併用で【55,000ポイント獲得】

以上をまとめると、

  • 公式サイトで申込 → 最大39,000ポイント
  • アメックスご紹介プログラムでの申込 → 最大45,000ポイント
  • アメックスご紹介プログラム+マリオットボンヴォイお友達リワード → 最大55,000ポイント
  • ポイントサイト経由 → 取り扱い無し

となりました。

これらをまとめて最も獲得ポイントが多くなる入会キャンペーン

マリオットボンヴォイお友達リワード + アメックスご紹介プログラムからの申し込み +3ヶ月以内に30万円の利用 =55,000ポイント となります。

🚨🚨注意🚨🚨
2023年11月14日のアメックスカードご紹介プログラムに関する規約変更により、ブログやSNSなど不特定多数が閲覧できる状況で、個人の紹介ブログラムを“宣伝”することは禁止となりましたが、ご紹介プログラム自体は今まで通り、最も獲得マイル数が多く、お得な状態で運用されております。

カードや“シュナのご紹介リンク”に関してのお問い合わせは、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

マリオットボンヴォイアメックスカードの特典

マリオットボンヴォイアメックスカードの特典は、

  • 旅行に関する補償などの特典
  • 空港でのサービス特典
  • 航空券や宿泊先予約の特典
  • 海外旅行のサービス
  • テーマパーク等の優先予約

など、多くの特典があります。一部ですが表にまとめてみました。

マリオットボンヴォイアメックス
エキスプレスプレミアム
マリオットボンヴォイアメックス
エキスプレス
空港ラウンジ国内28、海外1の空港ラウンジ
利用可能
30万円の利用で
10,000ポイント
手荷物無料宅配サービス帰国時:空港からご自宅まで、
1人につきスーツケース1個
無料配送
[対象空港]羽田、成田、
中部、関西
帰国時:空港からご自宅まで、
1人につきスーツケース1個
無料配送
[対象空港]成田、
中部、関西
空港クロークサービス荷物を無料で預かり
[対象空港]中部国際空港
荷物を無料で預かり
[対象空港]中部国際空港
海外旅行傷害保険傷害死亡・後遺症保険金
旅行代金をカードで決済した場合、
最高1億円
傷害死亡・後遺症保険金
旅行代金をカードで決済した場合、
最高3,000万円
国内旅行傷害保険最高5,000万円最高2,000万円
ショッピング
プロテクション
1名まで年間最高
500万まで補償
1名まで年間最高
200万まで補償
オンライン
プロテクション
キャンセル
プロテクション
年間最高
10万まで補償
リターン
プロテクション
1商品につき
最高3万円相当額まで補償
スマートフォン
プロテクション
修理代金を
最大3万円まで補償

詳しくは公式HPもご覧ください。

宿泊にまつわる特典はもちろん、空港やネットでのお買い物などに関する特典もありますので嬉しいですよね。

以下では、その中でも特に利用しやすい特典をご説明します。

国内主要空港ラウンジを利用

国内28か所・海外1か所の空港ラウンジを同伴者1名と共に無料で利用可能です。

空港ラウンジは、ドリンクのサービスやWi-Fiなどの通信機器などの備え付けがありますので、搭乗までゆっくりと過ごすことができ、ラウンジを利用することでより一層特別な旅になります。

家族カードにも付帯される特典なので、お子さんが2人の4人家族の方なら皆さん無料で利用できます。

以下に、利用可能な航空ラウンジを記載しました。

  • 新千歳空港(スーパーラウンジ)
  • 函館空港(ビジネスラウンジ「A Spring」)
  • 青森空港(エアポートラウンジ)
  • 秋田空港(ロイヤルスカイ)
  • 仙台国際空港(ビジネスラウンジ)
  • 成田国際空港第1ターミナル(IASS Exective lounge1)
  • 成田国際空港第2ターミナル(IASS Exective lounge2)
  • 羽田空港第1ターミナル(POWER LOUNGE NORTH・SOUTH/エアポートラウンジ(中央))
  • 羽田空港第2ターミナル(アポートラウンジ(南)/(北)/POWER LOUNGE NORTH)
  • 羽田空港第3ターミナル(SKY LOUNGE(中央)/SKY LOUNGE ANNEX(北))
  • 新潟空港(エアリウムラウンジ)
  • 富山空港(らいちょう)
  • 中部国際空港(プレミアムラウウジセントレア)
  • 小松空港(スカイラウンジ白山)
  • 伊丹空港(ラウンジオーサカ)
  • 関西国際空港(六甲/金剛/比叡/アネックス六甲)
  • 神戸空港(ラウンジ神戸)
  • 岡山空港(ラウンジマスカット)
  • 広島空港(ビジネスラウンジ「もみじ」)
  • 米子空港(ラウンジDAISEN)
  • 山口宇部空港(ラウンジきらら)
  • 高松空港(ラウンジ讃岐)
  • 松山空港(ビジネスラウンジ)
  • 徳島空港(「ヴォルティス」)
  • 北九州空港(ラウンジひまわり)
  • 福岡空港(くつろぎのラウンジTIME/ラウンジTIMEインターナショナル)
  • 長崎空港(ビジネスラウンジ「アザレア」)
  • 大分空港(ラウンジくにさき)
  • 熊本空港(ビジネスラウンジ)
  • 鹿児島空港(スカイラウンジ菜の花)
  • 那覇空港(ラウンジ華~hana~)
  • ダニエル・K・イノウエ国際空港(IASS HAWAII LOUNG)

国内・海外旅行の保険

マリオットボンヴォイアメックスカードには、旅行をした際の補償もついています。

こちらの補償は、マリオットボンヴォイアメックスカードで旅行代金を決済した場合のみ保険が適用されます。

マリオットボンヴォイアメックスカードの場合

【海外旅行の場合】

保険内容カード会員家族カード会員会員の家族
傷害死亡/
傷害後遺障害保険金
3,000万円3,000万円1,000万円
傷害治療費用保険金100万円100万円100万円
疾病治療費用保険金100万円100万円100万円
賠償責任保険金3,000万円3,000万円3,000万円
救援者費用保険金200万円200万円200万円
携行品損害保険金30万円30万円30万円
乗継遅延/出航遅延/欠航/搭乗不能費用
受託手荷物遅延費用
受託手荷物紛失費用

【国内旅行の場合】

保険内容カード会員家族カード会員会員の家族(※)
傷害死亡/
傷害後遺障害保険金
2,000万円2,000万円1,000万円
入院保険金日額
手術保険金
通院保険金日額

マリオットボンヴォイアメックスプレミアムカードの場合

【海外旅行の場合】

保険内容カード会員家族カード会員会員の家族
傷害死亡/
傷害後遺障害保険金
1億円5,000万円1,000万円
傷害治療費用保険金300万円300万円200万円
疾病治療費用保険金300万円300万円200万円
賠償責任保険金4,000万円4,000万円4,000万円
救援者費用保険金400万円400万円300万円
携行品損害保険金50万円50万円50万円
乗継遅延/出航遅延/欠航/搭乗不能費用1回につき最高2万円
受託手荷物遅延費用1回につき最高2万円
受託手荷物紛失費用1回につき最高4万円

【国内旅行の場合】

保険内容カード会員家族カード会員会員の家族(※)
傷害死亡/
傷害後遺障害保険金
5,000万円5,000万円1,000万円
入院保険金日額
手術保険金
通院保険金日額

※会員の家族とは、カード会員(家族カード会員を含む)の配偶者、カード会員と生計を共にする子供/両親などの親族をさします。親族とは6親等以内の血族、3親等以内の姻族の方をいいます。

手荷物無料宅配サービス

こちらは海外旅行や出張などの出発時、帰国時に自宅~空港間でのスーツケース、ゴルフバックを無料で配送するサービスです。

マリオットボンヴォイアメックスカードでは、帰国時に利用が出来、配送個数は1個までとなっています。

家族カード会員も利用可能です。

利用可能な空港は

  • 羽田空港第3ターミナル(プレミアムカードのみ)
  • 成田空港
  • 関西国際空港
  • 中部国際空港

の4空港となります。

オーバーシーズ・アシスト

オーバーシーズ・アシストとは、海外旅行時の困りごとなど旅行先から電話にて日本語で連絡できるサービスです。

海外からのお問い合わせは、24時間日本語で対応しているようで、レストランの予約などから病院へ行きたいなどの緊急を要する時などあらゆるな面で利用可能です。

海外旅行は楽しさがある反面、思ってもみないハプニングや困りごとなどがあるかもしれません。

そんな時に、いつでも日本語で対応するオーバーシーズ・アシストはとても心強いですよね。

こちらのサービスは、マリオットボンヴォイアメックスプレミアムカードのみ対象となっています。

スマートフォン・プロテクション

スマートフォンの画面にひびが入ったときや水濡れしたとき、火災にあったときの修理代金や、盗難にあったときの購入代金を補償するサービスです。

マリオットボンヴォイアメックスプレミアムカードでは、最大3万円まで保証されます。

※マリオットボンヴォイアメックスカードは対象外となります。

ショッピング・プロテクション

国内/海外問わずアメリカン・エキスプレスのカードでお求めのほとんどの商品について、購入後90日間の破損/盗難などの損害を補償するサービスです。

マリオットボンヴォイアメックスプレミアムカードでは、年間に最大500万円まで保証されます。

マリオットボンヴォイアメックスカードでは、年間に最大200万円まで保証されます。

こちらは家族カードも対象となります。

マリオットボンヴォイアメックスカードのメリット

ここで、今一度マリオットボンヴォイアメックスカードについてまとめていきます。

マリオットボンヴォイアメックス
エキスプレスプレミアム
アメックス公式HPより
マリオットボンヴォイアメックス
エキスプレスプレミアム
マリオットボンヴォイアメックス
エキスプレス
年会費49,500円(税込)23,100円(税込)
家族カード年会費1枚目無料
2枚目より、24,750円(税込)
1枚目無料
2枚目より、11,550円(税込)
ポイント還元率3%2%
ホテル利用でのポイント還元率6%4%
ポイント有効期限カード利用する限り、無期限カード利用する限り、無期限
ホテルステータスゴールドエリートシルバーエリート
カード利用での
ステータスランクアップ
年400万利用で
プラチナエリート
年100万利用で
ゴールドエリート
無料宿泊券年150万利用で50,000ptまで
無料宿泊
年150万利用で35,000ptまで
無料宿泊
宿泊実績付与15泊分5泊分
マイル還元率最大1.25%0.83%
プロパティクレジット
国内外のリッツカールトン、セントレジス
に2連泊以上宿泊した場合
100米ドル付与100米ドル付与
プライオリティパス無し無し

ポイント還元率が最大21%

マリオットボンヴォイアメックスカードは、年会費が割高に感じますが、ポイント還元率が最大6%という高還元率も魅力の一つと言えます。

6%の還元率を獲得するには、プレミアムカードを所有してマリオットボンヴォイ参加ホテルでのカード利用が条件となります。

マリオットボンヴォイ参加ホテルは、世界138の国と地域、7,900軒を超えるホテルがあり、リッツカールトンやウェスティンホテルなどのホテルなどがあります。

利用できるホテルはコチラをご覧ください。

また、ホテルの宿泊場合はさらに還元率が高くなるのもマリオットボンヴォイアメックスカードの最大の特徴となります。

例えば、1USドルを100円と仮定し、マリオットボンヴォイアメックスプレミアムカードで決済した場合、

  • シルバーエリート → +11ポイント
  • ゴールドエリート → +12.5ポイント
  • プラチナエリート → +15ポイント

が加算されます。そして通常のポイント100円=6ポイントを加算すると

  • シルバーエリート → +17ポイント
  • ゴールドエリート → +18.5ポイント
  • プラチナエリート → +21ポイント

の還元率となります。

マリオットボンヴォイアメックスプレミアムカードの場合、カードを所持しているだけで、ステータスはゴールドエリートですので、還元率は18.5%となります。

18.5%という高還元率ですので、ポイントもかなり貯まりやすくなります。

宿泊実績の付与

マリオットボンヴォイアメックスカードには、宿泊実績が付与されるのもこちらのカードの大きな魅力ではないでしょうか?

なぜなら、マリオットボンヴォイアメックスカードには、会員ステータスというものがあり、毎年1~12月のマリオット宿泊実績数によって決まるからです。

ステータスが高いほどサービスや特典が多いのですが、実際には宿泊していないにもかかわらず、毎年カードを継続(更新)するたび、マリオットボンヴォイの宿泊実績が付与されることになるのです。

各ステータスに必要な宿泊数は以下の通りです。

ステータス宿泊数
シルバーエリート10泊
ゴールドエリート25泊
プラチナエリート50泊
チタンエリート75泊
アンバサダーエリート100泊+23,000ドル利用

マリオットボンヴォイアメックスカードはシルバーエリートを与えられていますので宿泊実績は5泊、マリオットボンヴォイアメックスプレミアムカードはゴールドエリートを与えられていますので宿泊実績は15泊分を付与されます。

ステータスごとに特典を以下にまとめました。

カード所有の場合、プラチナエリートまでが対象となりますので、こちらではプラチナエリートまでの特典を明記しています。

特典シルバーエリートゴールドエリートプラチナエリート
完全予約保証
ボーナスポイント10%25%50%
レイトチェックアウト優先レイトチェックアウト午後2時までの午後4時までの
ウェルカムギフト保証ポイントポイント、無料の朝食、アメニティのいずれか
アップグレード
会員専用サポート
ラウンジアクセス保証
年間チョイス特典対象となる宿泊日数50泊
エミレーツスカイワーズ
ハーツGoldプラス・リワーズファイブスターへの近道

ステータスが上がるほど特典が良くなっているのが分かりますが、特に注目すべき点は

  • ボーナスポイントの付与
  • レイトチェック
  • アップグレード
  • ラウンジアクセス

ではないでしょうか?

日常から非日常を体験するために宿泊をする方もいらっしゃると思いますが、より時間を有意義に過ごす為のサービスが、プラチナエリートを筆頭に準備されています。

マリオットボンヴォイアメックスプレミアムカードを保有している方は、プラチナエリートを目指す際には

  • 年間50泊
  • 年間400万円以上の利用

を行うと、次の年にプラチナエリートの資格がもらえます。

プラチナエリートを目指す際の味方として、15泊の実績宿泊が付与されるのは心強いのではないかと思います。

また、15泊の宿泊をお金に換算した場合、東京マリオットホテルの場合、1泊63,000円からでしたので(2024年1月の平日予約の場合)、およそ95万円ほどの宿泊費が付与されたことになります。

マイルへ交換できる

マリオットボンヴォイのポイントは、航空会社のマイルへ交換することもできます。

還元できる航空会社は、39社と多く、最大1.5%の還元率を有する航空会社もありますので、マイルに交換するためのカードとして使われることも多いのです。

還元比率は、3ポイント=1マイルでの還元となります。

マリオットボンヴォイアメックスエキスプレスプレミアムカードのポイント還元率は、100円=3ポイント=1マイルとなりますので、実質ポイント還元率は1%となります。

また、60,000ポイントをマイルに移行した場合、ユナイテッド航空の場合は10,000ボーナスマイル(他社は5,000ボーナスマイル)を獲得することが出来ます(アメリカン航空、アビアンカ航空、デルタ、大韓航空は対象外)

60,000ポイントをユナイテッド航空移行した場合、60,000ポイントを移行して20,000マイル + 10,000ボーナスマイル = 30,000マイルとなりますので還元率は、1.5%になります。

他社の場合は、ボーナスマイルが5,000マイルなので、25,000マイルとなり1.25%の還元率となります。

1日あたり3,000〜240,000ポイントまで移行可能となります。

マイルを移行できる航空会社は以下になります。( )内は、ポイントとマイルの比率

  • エーゲ航空 Miles+Bonus(3:1)
  • エアリンガスAerClub(3:1)
  • エアロメヒコ クラブ プレミエ(3:1)
  • エア・カナダ アエロプラン(3:1)
  • エアチャイナPhoenixMiles(3:1)
  • エールフランス/KLM フライング・ブルー(3:1)
  • ニュージーランド航空 Airpoints(200:1)
  • アラスカ航空 Mileage Plan(3:1)
  • アメリカン航空 AAdvantage(3:1)
  • ANAマイレージクラブ(3:1)
  • アシアナ航空アシアナクラブ(3:1)
  • アビアンカ航空 LifeMiles(3:1)
  • ブリティッシュ・エアウェイズ Executive Club(3:1)
  • キャセイパシフィック航空アジア・マイル(3:1)
  • 中国南方航空スカイパールクラブ(3:1)
  • コパ航空 ConnectMiles(3:1)
  • デルタスカイマイル(3:1)
  • エミレーツ・スカイワーズ(3:1)
  • Etihad Guest(3:1)
  • FRONTIER Miles(3:1)
  • 海南航空 Fortune Wings Club(3:1)
  • ハワイアン航空 HawaiianMiles(3:1)
  • Iberia Plus(3:1)
  • InterMiles(3:1)
  • 日本航空 JALマイレージバンク(3:1)
  • 大韓航空スカイパス(3:1)
  • LATAM航空 LATAMPASS(3:1)
  • Multiplus Fidelidade LATAM Pass(3:1)
  • カンタス・フリークエントフライヤー(3:1)
  • カタール航空プリビレッジクラブ(3:1)
  • サウディア Alfursan(3:1)
  • シンガポール航空クリスフライヤー(3:1)
  • サウスウェスト航空 Rapid Rewards(3:1)
  • TAPポルトガル航空 Miles&Go(3:1)
  • タイ国際航空ロイヤルオーキッドプラス(3:1)
  • ターキッシュ エアラインズ Miles&Smiles(3:1)
  • ユナイテッド航空マイレージプラス(3:1)
  • ヴァージンアトランティック航空 Flying Club(3:1)
  • ヴァージンオーストラリア Velocity Frequent Flyer(3:1)
  • Vueling Club(3:1)

先に、ホテルに宿泊した際にポイント還元率が18.5%(ゴールドエリートの場合)というお話がありましたが、60,000ポイントをマイルに移行して(3ポイント=1マイルなので)20,000マイル + 5,000ボーナスマイル = 25,000マイルとなり還元率は、1.25%になります。(ユナイテッド航空は1.5%)

よって、ポイントとマイルの比率は、3:1.25となります。

ホテルに宿泊した際にポイント還元率が18.5%をマイルに換算すると、18.5 / 3 ×1.25 = 7.7%の還元率でマイルに還元することが出来ます。

ということで、マリオットボンヴォイアメックスカードにて、マイルを貯めたい場合は、

  1. マリオットボンヴォイアメックスプレミアムカードを所持する(所持するだけでゴールドエリート獲得)
  2. ①のカードを使って、マリオット系列のホテルに宿泊(18.5%の還元率)
  3. マイルへ移行する際は、60,000ポイント以上をマイルへ移行する(5,000ボーナスマイル獲得)

という方法が最も高還元率でマイルへ移行する手順となります。

最大65,000ポイントの無料宿泊券

年間150万円の決済で、最大50,000ポイントの宿泊まで1泊無料で利用することが出来ます。

そこに保有しているポイントを最大15,000ポイントまで加算すると、最大65,000ポイント分の無料宿泊券が付与されます。

以下は、伊豆マリオット修繕寺を家族で利用した際のポイント数です。34,000ポイントを利用しましたので、無料宿泊券で十分に宿泊できるポイント数となります。

伊豆マリオット修繕寺利マリオットポイント

またこちらはリッツカールトンクアラルンプールに宿泊した際のポイント数です。30,000ポイントですので65,000ポイント所持していたら2泊できます。

クアラルンプールのリッツカールトンは『世界一安いリッツカールトン』と言われていますが、それでも無料で2泊出来ちゃうなんてとてもお得ですよね。

リッツカールトンクアラルンプールマリオットポイント

最大65,000ポイントあれば、年会費の49,500円以上のホテルも多くありますので、ポイントで年会費を回収することが出来ます。

それらは全て、年間150万の利用が可能かどうか?ということがポイントとなってきますが、150万円を12ヶ月で割ると、12.5万円。生活費などをこのカードにすべて集約すれば達成できるでレベルではないでしょうか?

もしこの条件を達成できるなら、持っていて損はないカードとなっています。

マリオットボンヴォイアメックスカードのデメリット

ここでは、マリオットボンヴォイアメックスカードのデメリットをお話します。

年会費が割高

まずは、年会費が割高というところだと思います。

例えば、旅行系に強いANAアメックスゴールドカードの年会費は、34,100円(家族カード/17,050円)なので、年会費49,500円のマリオットボンヴォイアメックスプレミアムカードに比べ、割安となります。

しかし、ひと月で換算すると約4,125円となり、ジムや1回の飲み会より安い金額となりますので、少し入会のハードルが低くなりませんか?

また、年間150万円の決算ができるかどうか?が入会するかどうかの判断材料になります。

なぜなら、付与されるポイントが大幅に変わり、無料宿泊券をゲットできるかできないかに関わってくるからです。

月12.5万円を決済できるのか?ということを知るために、1ヶ月の生活費などを見返してみるのも良いかもしれません。

マリオットボンヴォイアメックスカードでは、還元率は少し低くなるもの(200円=1ポイント)の公共料金などを支払うこともできます。

  • 電気料金
  • ガス料金
  • 水道料金
  • 税金
  • 国民年金保険料
  • Amazon Payなど
  • 病院

ポイント加算対象外/200円=1ポイントのご利用加盟店を詳しく見てみる

その他にも、携帯電話料金・ふるさと納税などにも利用できますので、ご家族分の支払いをマリオットボンヴォイアメックスカードに集約して支払いを行えば月12.5万円の利用は、決して無理なものではないと考えます。

また、入会キャンペーンにて入会後3ヶ月以内に30万円以上のカード利用で、39,000ポイント付与されますので、月12.5万円の支払いを行っていれば、入会キャンペーンの条件も達成できることになります。

特典のニーズがご自身にあっているかどうか、条件は達成できそうか?などよく検討して申し込んでくださいね!

プライオリティーパスの付帯が無い

マリオットボンヴォイアメックスカードは、プライオリティーパスが付帯されていません。

【プライオリティーパスとは】
世界148カ国1,400カ所以上の空港ラウンジを利用できる会員制サービス。空港ラウンジでは、無料のお飲み物や軽食、無料Wi-Fiなどがあり、旅行時間をより優雅に過ごすことが出来るカードとなっています。

マリオットボンヴォイアメックスカードくらいのクラスのカードには、付帯されているカードが多いのですが付帯されていませんでした。

ちなみに、ANAアメックスゴールドカードや楽天プレミアムカードはプライオリティパスが付帯されています。

キャンペーンノルマ達成条件の壁を乗り越える方法

ここでは、デメリットにも上げていた、「年間150万円の決算」を手助けする方法を3つご紹介します。

生活費を可能な限りマリオットボンヴォイアメックスカードで決済する

まずは、普段の生活費の決済をマリオットボンヴォイアメックスカードで決済するということです。

前述でもお話しましたが、月12.5万円の支払で、年間150万円の利用となりますので、公共料金や携帯電話料金などを生活にかかる支払いをすべてマリオットボンヴォイアメックスカードに集約させてください。

また、直近で大きな買い物や旅行などの計画があれば、それらの支払いにはマリオットボンヴォイアメックスカードを使用して下さい。

特に家電量販店などでのお買い物は大きなお買い物を購入することが多いと思いますので、ぜひともマリオットボンヴォイアメックスカードを利用したい所ですね。

Amazonギフト券を購入する

年間150万円の決算達成を手伝いする方法として、「Amazonギフト券を購入する」という方法もあります。

Amazonギフト券の有効期限は10年間と長いので、一時的に購入の為に現金の手出しはありますが、その後はAmazonでのお買い物に利用できます。

Amazonは生活用品から家電、ペット用品やカー用品など身の回りに必要な商品がそろっているので、利用頻度が高いと思いますので、10年間のうちに消費することも可能だと思います。

また、Amazon Payを使うと、税金やふるさと納税の支払も可能となります。

プリペイド型のクレジットカードへチャージする

Amazonをあまり利用しない方などは、プリペイド型のカードにチャージをするというのも、1つの手かもしれません。

au PAY プリペイドカード」や「kyash」は、アメックスカードからもチャージ可能です。

但し、チャージした分で支払ったものに関してポイントの還元率は下がりますので注意が必要となります。

なので、どうしてもプリペイドカードにチャージする必要がある場合は、必要最低限のチャージをオススメします。

マリオットボンヴォイアメックスカードに関するQ&A

ここでは、マリオットボンヴォイアメックスカードに関するQ&Aをまとめてみました。

Q1、他のアメックスカードを持っていてもキャンペーン適用になりますか?

他のアメックスカードを持っていてもキャンペーン適用になりますか?

他のアメックスカードを持っていても、マリオットボンヴォイアメックスカードに入会してキャンペーンを受けることが出来ます。

Q2、周りに紹介者がいません。紹介プログラムは利用できませんか?

周りに紹介者がいません。紹介プログラムは利用できませんか?

紹介プロクラムは第三者の所有者から紹介して入会することを指します。カードやご紹介に関してのお問い合わせは、こちらのお問い合わせフォームよりご連絡ください。

🚨🚨注意🚨🚨
2023年11月14日のアメックスご紹介プログラムに関する規約変更により、ブログやSNSなど不特定多数が閲覧できる状況で、個人の紹介ブログラムを“宣伝”することは禁止となりましたが、ご紹介プログラム自体は今まで通り、最も獲得マイル数が多く、お得な状態で運用されております。

カードや“シュナのご紹介リンク”に関してのお問い合わせは、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

Q3、プレミアムカードの方がお得ですか?

一般カードとプレミアムカードはどちらの方がお得ですか?

僕はマリオットボンヴォイアメックスプレミアムカードをオススメします。その理由は、
・所持するだけで、ゴールドエリート
・ポイント還元率が高い
・マイル還元率が高い
・キャンペーン達成で付与されるポイントが高い
などが挙げられます。

マリオットボンヴォイアメックスプレミアムカードの方が年会費が割高ですが、条件を達成することで55,000ポイントが付与されますし、さらに年間150万円の支払いで65,000ポイント分の無料宿泊券が付与されます。

僕が以前、家族と利用した伊豆マリオット修繕寺は34,000ポイント、仕事で1人で利用した軽井沢マリオットは49,000ポイントで宿泊出来ましたので、それらの宿泊は無料宿泊券で賄えることになります。

また、所持した時点でゴールドエリートの資格を持っており、宿泊した際お部屋のアップグレード対象のステータスになります。

上記の内容だけでも、年会費を回収できるほどの価値が十分にありますので、マリオットボンヴォイアメックスプレミアムカードに入会することをオススメします。

マリオットボンヴォイアメックスプレミアムカードへ入会を考えている方は

  • マリオットボンヴォイの会員登録は、紹介リンク経由行うこと
  • カード発行時は、アメックスご紹介プログラムより紹介リンク経由でマリオットボンヴォイアメックスカードに入会すること
  • 入会から3か月以内に30万円の利用を行うこと
  • 1年(365日)以内に、マリオットボンヴォイ系列のホテルに5滞在すること

で、55,000ポイント獲得しましょう!

身近な方やお友達でマリオットボンヴォイ会員の方がいらっしゃらない方は、僕からの紹介でお得にマリオットポイントをGETできますので、こちらのお問い合わせフォームより、メールアドレスをご連絡ください。

ご記入いただいたメールアドレス宛に「お友達リワード」の詳細のメールをお送りいたします。

🚨🚨注意🚨🚨
2023年11月14日のアメックスご紹介プログラムに関する規約変更により、ブログやSNSなど不特定多数が閲覧できる状況で、個人の紹介ブログラムを“宣伝”することは禁止となりましたが、ご紹介プログラム自体は今まで通り、最も獲得マイル数が多く、お得な状態で運用されております。

カードや“シュナのご紹介リンク”に関してのお問い合わせは、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

Q4、達成条件に記載されている「入会日」っていつ?

達成条件に記載されている「入会日」っていつ?

所定のカード入会審査が完了し、アメックスが入会を認めた日がカード発行日となります。

正確な入会日については、カスタマーセンターに確認することをオススメします。

アメリカン・エキスプレスお客様サポート:

まとめ

今回は、マリオットボンヴォイアメックスカードの入会キャンペーンについてまとめました。

マリオットボンヴォイアメックスカードの入会キャンペーンは、2024年2月現在

  • マリオットボンヴォイの会員登録は、紹介リンク経由行うこと
  • カード発行時は、アメックスご紹介プログラムより紹介リンク経由でマリオットボンヴォイアメックスプレミアムカードに入会すること
  • 入会から3か月以内に30万円の利用を行うこと
  • 1年(365日)以内に、マリオットボンヴォイ系列のホテルに5滞在すること

以上の4点を実行することで、最大55,000ポイントが付与されます。

また、「年間150万円の決済」というノルマを達成することで、最大50,000ポイント分の無料宿泊券を達成することが出来ますが、150万円の決済というのがネックになる方も多いかと思います。

その際は、「生活費を集結させる(大きな買い物を決済する)」「Amazonギフトカード購入」「プリペイドカードにチャージ」など様々な対策がありますのでぜひ、検討してみてください。

年会費は同じクラスのクレジットカードの中では割高ですが、ポイント還元率の高さや条件達成で付与される無料宿泊券のパフォーマンスの良さなどを加味すると、「年間150万円の利用」を達成できる方は、ぜひ持っておくべきカードだと思います。

また、特典の良さなどを考えると「マリオットボンヴォイアメックスプレミアムカード」に入会することをオススメします。

マリオットボンヴォイアメックスカードは普段の生活からポイントを貯めやすいので、検討の上入会を考えている方は、「マリオットボンヴォイお友達リワードで会員登録 +アメックス紹介プログラムの利用」で入会し、3ヶ月で30万の支払い+1年間で5滞在という条件を達成して、最大55,000ポイントを獲得して下さいね!

🚨🚨注意🚨🚨
2023年11月14日のアメックスご紹介プログラムに関する規約変更により、ブログやSNSなど不特定多数が閲覧できる状況で、個人の紹介ブログラムを“宣伝”することは禁止となりましたが、ご紹介プログラム自体は今まで通り、最も獲得マイル数が多く、お得な状態で運用されております。

カードや“シュナのご紹介リンク”に関してのお問い合わせは、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次